FC2ブログ

時貞の時しらず

俺とオチンチン。俺がアイツでアイツが俺で

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


写真には写らない美しさがあるから

僕は綺麗なものが好きだ。

それは都会では見られない森林だったり
路上に咲いている小さなタンポポだったり、
軽音楽部の怖がりなあの子だったりする。

時にキレイなものを見て生理的に体が反応してしまう事もある。
端的に言うと勃起してしまう事がある。


2ヶ月程前の話だ。
僕は久しく顔を見ていない友人と酒を飲みに東京まで繰り出し、
そんな話をする。
美しいものはやはり美しい。いいものはいい―と。



そこで例として話をした。
こんな話だ。


いつものようにサクサクと仕事を終わらせずに今日できる事は明日にまわすタイプの僕は
しっかりと定時に会社を飛び出しすぐさま帰宅。
久しぶりに買ったトマトソースを使ったパスタを堪能していると、
「それって旨そう。」という低い声が聞こえた。兄だ。
僕は余分に作ったパスタを皿に盛り、兄に差し出す。
週に一度は兄弟二人だけでビールを傾けながら酒を飲む。
僕も兄も、そんなありふれた食事が割と好きだった。

「やっぱり誰に浮気したって最終的にはかがみんだよね。」
「まぁね。」

ふとビールを傾ける兄を、いや正確には兄の手を見た時、 僕は思った


綺麗すぎる・・・



僕のそれとは違う色白の肌に男らしく浮き出た太い血管、
そしてその先にある長く細い指。



気がつけば僕は激しく勃起していた。





そういう事があったんだよねー。と、
東京は立川で話す僕に悲しい言葉が訪れる。


「あぁ、やっぱゲイなのね時貞さんって」




君はいったい俺の話の何を聞いていたんだい?
ハローハロー、聞こえますか?
一瞬僕は日本国の法律を完全に無視した行動にでようとしたが
そこはやはり法治国家に生きるものの勤め。




「ちげぇよ!」


「いや、だって勃起してんじゃん、ガチじゃん。」



ガチじゃないし。マジでガチじゃないし。
あのね、勃起=性的欲求を感じてるとかそういう図式?
マジでやめた方がいいと思う。
じゃあ何か?

福山が小池徹平を愛撫しながら
「無理せずに正直な気持ちを言っていいんだぜ?」
的なシチュエーションが仮に実在したとして、
世界はなんて言うと思うよ?


「そのVTRはどこでいくらで売っているの?」


この一択だろうが!!


かと言ってAVを見ながらオナニーをマスターする時と同じ心持か?
違うでしょう。
それを見て、見て、感じて、オナニーをするだろうか?(いやしない)


ただ綺麗なものに対して体が反応する現象を画一的な目線で
「あぁ、溜まってんのねアンタ」と

見られる、こんなに悲しい事は無い・・・帰る場所が無い・・・


例えば身震いする程美しいチンポと相対したとき、
僕は勃起するだろう。

でもそれはエロイという事じゃない
それはエロイという事じゃない。

それは男らしくないと言うことじゃない。


とどまる事を知らない不安が別のチンポを欲しがってる
しゃぶってもしゃぶっても最後には一人になる


僕のチンポは変わる、でもずっと僕のチンポだ


未分類

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://tokisadanoguken.blog90.fc2.com/tb.php/56-9669377f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。