FC2ブログ

時貞の時しらず

俺とオチンチン。俺がアイツでアイツが俺で

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告



成長に伴って精神性が変化していくのはある程度仕方の無い事だと僕は思う。

13歳、郵便受けに入っていたピンクチラシを見たその日、
僕は君に出会い、ブレイクした。

Dance dance dance
繰り返される試行錯誤、倒される木々、鳴らない電話、駆け巡る脳内麻薬。
出会ったばかりの頃は、本当に君さえいればそれでいい、そう思った。


ねぇオナニー。
僕は怖い、怖いんだ。君がいなくなる事が怖いんじゃない。
君に興味を抱かなくなる日がいつか来るのかと想像するだけで
怖くて怖くて仕方が無い。


眠れない夜も、気だるい朝も、退屈な日々の中にも、
いつでも君が傍にいてくれた。
ほら 貴方にとって 大事な人ほど すぐ傍にいるよ。
陳腐な唄だとあの頃は思っていたけれど、
今君を迎えに行くよ、オナニーオナニー、僕とジルバを踊ろう…


おそらく僕の性欲は減退するだろう。
もしかしたら特定の女性を一生の伴侶として共に過ごす日が来るかもしれない。
けれど、だからと言ってオナニーを捨てたくない。


例えば想像したほしい、貴方は長い間戦場で戦ってきた。
最初はたくさんいた戦友たちも皆名誉というドブ臭い死の中に埋もれ、
復讐の女神と化した貴方は黙々と戦う。もうこの殺し、殺されの螺旋からは
逃れられないし、また貴方も逃れたいなどとは思っていない。


そこへ1人の男が現れてこう叫ぶ。
「この戦争に、始めから意味なんてなかったんだ。」と
断言するが僕なら必要最低限の動きでこの男を殺してすぐさま
戦闘を再開する。意味などなかった…だと?


ふざけるな!
あの頃の俺たちをなんだと思っていやがる!
戦う事でしか生きる事を実感できず、また
戦う事以外は全てが休憩の一つでしかないと
教えられて戦い、そして死んでいった仲間達の気持ち、俺の気持ちに、
意味がなかった…だと!認められるか!
お前らだろ…っ!教えたのはお前たち大人だろうがっ…!
そんな事で銃をおろすなら最初っから…教えるなよ…戦争なんかっ!


うぉぉおおおおぉおお!!!!


確かに正しい。死にたくなければ、殺したくなければ武器を捨てて生きる、
その考えは確かに正しい。したくもない事、必要性の無い事をする意味は
確かにない。けれど今辞めてしまえばあの頃の、これまでの自分が
全部嘘になってしまう。だから続けよう、dance dance dance



なになに?戦争とオナニーを同列にして考えるな?
うっせぇよハゲ。俺はイエスマン以外全員嫌いなんだよ。
無意味という点では戦争もオナニーも同じだろうが!


もし君に一つだけ夢を語れるのならば
もうオナニーなんてしないなんて 言わないよ絶対


夢は逃げない、逃げるのはいつも自分だ。


人気ブログランキング

未分類

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://tokisadanoguken.blog90.fc2.com/tb.php/39-e09bef35
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。