FC2ブログ

時貞の時しらず

俺とオチンチン。俺がアイツでアイツが俺で

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


凍えそうな季節に君は何をどうこう言うの?

先日、友人と酒を飲もうという話になり、

その友人が「友達連れてっていい?」と聞くので

いいよいいよー多いほうが楽しいよね、と快諾すると、

その連れてこられた友達が弟を連れてきた。





このように、特別気を遣わなくても構わない人と初対面で酒を会うとき、

僕は大抵「7年前にケツマンコにチンコをブチこまれてね…」


という話をする。


こうして「俺という男はこういうヤツさ」というアピールを

最初にしておけば変に気を遣う必要もなくなり、

そんな話で顔をしかめるような輩は互いにノーサンキュー、となる。



初対面の二人はたいそう喜んでくれ、楽しい酒宴となった。

そこで最初の話に戻る。



その弟、というかその二人がハーフで、弟の方がそれはそれは

モテそうな顔をしており、「モテるでしょう。」と聞くとやはりモテるそうな。


モテる弟君、仮に「D君」としよう。
礼儀正しいナイスガイだ。

D君は下半身の打率が相当高いそうで、経験人数は3桁にのぼるという。

「へー、じゃあ複数プレイとか経験あんじゃね?」と僕が聞くとD君、


【一番多かったのは8Pですね。】




8P。





ハチ、八。eight。


自然数または整数において、7 の次で 9 の前の数である。ラテン語ではocto(オクトー)。

wikipediaから拾う乾いた情報とは全然違う濃厚な香り。
Pをつけるだけでこんなにも輝く数字。8。



グッとくるカミングアウトをしてくれた。随分楽しい酒になりそうだ。

「え、それは何?ムーディーズ感謝祭的な企画ではなくて?」


【AVではないですね。】


β-エンドルフィン  チロシン  エンケファリン

パリン リジン ロイシン イソロイシン


僕の頭で脳内物質が駆け巡る。

「どんなの?どういう展開でそういう風になるの?」

【えーなんかコンパしてたら男がほとんど帰って、残った女と僕を含めた男二人で。
ホテル行こうかーっつって…】


「uhyoooo!なんて楽しいライフ!」


【まーノリっすよノリ】




この辺りで僕の頭は急速に冷えていった。


せっかく「8P」という極上の素材を持っているのに彼は・・・


彼はその素材に全く触ろうとしていない。
ただ持っているだけで調理しようとしていない。



俺が8Pしたら!俺が8Pしたら!

とりあえず三親等くらいには報告。
甥、姪、叔父、叔母まで「血族が8Pをした」という勲章をプレゼント 

その後8Pに至る経緯を
生い立ちからその日に至るまで一本の私小説を製作する傍ら、

「はちぴぃっ!」といういやらし系日常4コママンガを描ける
天才を探し、原作者として共に講談社にアタック。

街を歩けば「やべ!8Pの時さんだ!」と町民共は恐れおののき、
後は静かにゆっくり豊かな人生を楽しむ。



それくらいの事は当然するのに。当然するのに!


「8Pをした!」というタイトルと本文に大した差が無い。
切ってない。火を通していない。盛り付けもしていない。


素材を大事にする、と謳って
マグロの赤身をキロ単位で出すのは料理じゃない。






「1対1もオフェンスの選択肢の
 一つにすぎねぇ
 それが わからねぇうちは
 おめーには負ける気がしねえ」


綾南高校、仙道選手の名言である。



稀有な体験に恵まれている人にこそわかってほしいのですが、、
それを人に喋る、分かち合う、共感する、という事も、
同じくらい尊いんだ、と思いませんか?思いませんか!





7年も前にフェラチオした事実を飽きもせずにしがみ続けて、
未だにベラベラと喋っている俺を見習ってほしいもんやね!フフン!
未分類

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://tokisadanoguken.blog90.fc2.com/tb.php/130-7a4c676c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。