FC2ブログ

時貞の時しらず

俺とオチンチン。俺がアイツでアイツが俺で

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


僕の地獄に音楽は絶えない

解離性同一性障害

解離による
個人の同一性が損なわれる疾患


精神科医やカウンセラーの間では

-確かに存在するが、
目の前に現れる可能性は滅多にない-

とされている。


けれど僕は、
この病気は先端恐怖症や閉所恐怖症と
同じようなものだと思う。

本来持っている性質が、
過度に現れた症状だと


僕の中にも、もう一人僕がいる
時貞βとでも呼ぼうか

僕がいつも平凡で、
普通の人間であろうとしているのに、
僕のβが

『違うだろぉ!
テメーみたいなクズがまともに生きていいと
思ってんのか?あぁ?』

というスタンスで僕に命令して、
度々したくも無い事をさせられる。

今日もそうだ。気がついたら目の前には

ニューハーフヘルス の文字


立ち去ろうとする僕を彼が止める
『EDなんだろ?だったらもう行くとこは
決まってるじゃん』


待ってくれ、
僕は別に特殊性癖を持ってるわけじゃ…

『テメーが
俺に意見する権利あんのか!あぁ!?』


渋々中に入る僕、考えたら壊れてしまう。
一切の思考を停止して店の中に


お時間はどうされます?

BUSAIKUの称号を
プレゼントしたくなるオカマ様が聞く


「30分で…」
『いえ、60分でお願いします!』


なぜ僕の口から60分という単語が出るんだ…
長けりゃいいってもんじゃないよ…


『つーかさ、前回30分で今宵もまた30分?
 そんな芸の無いアバンチュール、
俺は嫌いだよ。』


殺してやりたい
誰がアバンチュールを
求めてるなんて言ったんだろう


想像通り、
大柄な女性が初めましての挨拶をして、
僕をプレイルームに通す。腹を決めよう


シャワーを浴びてしばらくボーっとしていると、
βが僕に言う

『you!フェラレンツィーノしちゃいなよ!!』


なんですか?
フェラレンツィーノってなんですか?
僕はフェラチオは知ってるけど
フェラレンツィーノなんて…



『いいから咥えろよこのクソ野郎!!』


嗚咽をこらえて、他人のペニスを咥える


もしかして、私泣いてるの?

そんな事を考えていると

『昨日のディープは凄かったね』

凱旋門賞のことだろうか。
競馬の興味の無い僕には
関係の無い事だが


『ディープスロートいっちゃおうか?』

お前な、ちょっと待て
こちとらフェラティオ初体験なんだよ。なぁ
そんなビギナーに向かってディープスロート?
バカじゃねーの?こっちは既に

ゴム咥えてるみたい  
っていうありきたりだけど
普遍的な感情が芽生えてんだよ。
そんな人間に、
ディープしろっての?そう言ってんの?

『さっさとしろよこのクズ!』


僕はβに逆らえないみたいだ。
指示通りのディープ。ディープオブディープ。


【キモティイイ…】
目の前のマン ハブ ア ピーニスが
なんか言ってる


気持ちいいのかよ…


【入れたくなってきちゃった…】

やめて、本当やめて、乙女の口調で
超男性的な希望を口にするのはやめて。


僕もこの希望にはNOしか言えないから。


『喜んで!』

死ねる。


もうβには逆らえない、僕はこの状況で
聞いてもらえる範囲の希望を言った


「優しくして。マジで」


【知らね】
そこは冷たく突き放される。

あぁ…この人関東出身なんだ…と
どうでもいい事を 考えてたら

ズキュン!



スパーキング。

明らかに僕の体内で何かが炸裂した。
僕の中の、壊れていない部分はあと
どれぐらいあるだろう。



もうね、本当に、
シーツを掴むしか無かった。
僕にできるのはそれだけだったから。

悔しさと、悲しさと、
心強さのようなモノを感じながら、
僕は、生まれ変わった。



いつの日か、僕がβと一つになれれば…
そんな事を思った、秋の夜


←共感した人はクリック!
mixi転載

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://tokisadanoguken.blog90.fc2.com/tb.php/10-290892c9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。