FC2ブログ

時貞の時しらず

俺とオチンチン。俺がアイツでアイツが俺で

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞき見ている

電車の中でオシッコを漏らした男を3人知っている。

父と、兄と、僕だ。

そのうちの一人である兄の元カノから深夜に電話があった。
午前二時、天体観測の誘い以外は考えられない時間である。

「久しぶり、時貞クン。あのね、お兄ちゃんから電話があってね。
『俺はもう死んだ』とか『最後に君の声が聞けてよかった』とか言ってて、
電話が切れたの。それっきり電話をかけなおしてもつながらなくて、心配で・・・」


自宅で寝ていた僕だが、帰りたいと思った。
全く楽しい予感がしない。

「あー、後で電話しますね。お疲れスー。」


朝になって、ムチャクチャ低いテンションで兄に連絡してみた


『久しぶりー、いやー君の元カノから連絡あってさぁ、どしたん?』

「知らん」
『は?』

「覚えてない」
『あーなるほどね』

「ただ、部屋の外で親父が現在進行形で激おこ。なんとなく警察に行った記憶と、死ぬ程キレられた記憶はある」
『アメリカ人やったら口笛ふいてるわ』

「無銭飲食がうんたらかんたら」
『ハイハイハイ、エグいなぁ』

「察するに酔っ払って財布の中身を忘れて飯食って、金がないけど呂律がまわらないから
警察に連れていかれて、親父が引き取りに来たんじゃないかなぁ。知らんけど」

『世界一ムカつく 知らんけど やね』

「部屋から出たくないよぉ・・・時ちゃん助けてー」
『無理やなぁ。無事でよかったね。じゃあねー。』




「いや、待て、ちょっとおかしい。ポケットから吉野家のレシート出てきた。
ポッケに560円、レシートのお釣り金額560円。この後、
俺は何を無銭飲食したの?」

『いやわからんけども』

「多分あれや、警察の陰謀やな。
お腹いっぱいやのに何を食う?
ダンボールのオッサンのつまみ食って喧嘩してなんやかんやで今よ多分」

『我が兄ながらエキセントリックで大変よろしい』

「ありがとう 【荒木家最後の爆弾】の字名承っていいすか?」

『いいよ。絶対に最後であってほしいしね。』

「貴方のセンスは心えぐるね【ほしいしね】 最後であってほしくて、かつ死ねと!えぐるねー!」

『それはもう愚兄に対する言葉のコークスクリューどんどん放るよ』

「33歳です、僕」

『来月で34やね。34でこの体たらくか、怪物やん。』

「お兄ちゃんの誕生日を覚えてるんだね!さすが弟!怪物といえば平成の怪物松阪!マツザカはいいよねー」


僕は携帯電話をソっと置いた。


春を感じる、今朝の出来事である。
仕事頑張ろう。そう思った。
未分類

0 TrackBacks
0 Comments

時貞はもうしゃべらない・・・もう笑わない、泣かない、怒らない。

先日30歳を迎えたのだが、何やらおかしい。

生まれてきてから今日に至るまでに、揉んできたオッパイの数が
どう考えても少なすぎるのだ。何故だ?

「30にして立つ」という言葉どおり僕の陰茎は20代の時よりもなおその硬度を増しており、
簡潔に言うと性欲がとどまる事をしらない。
ミスチルであればいくつもの移りゆく街並みを眺めるところだが僕は桜井さんではない。

結果として日々マスターベーションに勤しむだけだ。
それ自体は今までとなんら変わりはない。

ただし、実戦から遠ざかりすぎたせいかイマジネーションにキレがない。
少し前の僕ならアダルトビデオの映像から、視覚や聴覚だけでなく触覚、嗅覚、味覚さえも
具現化できた。つまり僕のマスターベーションはSEXとイコールで結ぶ事ができる程濃密で重厚なものだった。
なんだったらマスターベーションが終わった後も数分くらいはAVをつけっぱなしにして
(早く帰らねーかなコイツ)という気だるさをも僕は再現できていたというのに、
これでは僕が十代の頃に忌み嫌っていた若い頃のヤンチャぶりを雄弁に語る事と
マティーニの入ったグラスを揺らす事しかできない能無しオッサンとなんら変わりがない。

解決策は三つ、正しいやり方、間違ったやり方、それから俺のやり方、違う。
二つだ。情報量を0にするか、増やすかだ。

ゼロにする事は不可能だ。今更童貞に戻ることはできない。
つまるところSEXをするしかないのだが、どうにも気乗りしない。
理由は二つだ。相手がいない事と、仮に相手が現れた場合、何をどうしてよいやら忘れたからだ。


先日、アポロビルというショーパブに友人と二人ででかけた。
下着姿の女の子が何十人も交代で挨拶代わりに胸をおしつけてくる、そういうところだ。

それだけではいささか退屈なので、ちょっとしたゲームがある。
ジャンケンで女の子に勝てばそれぞれが設定した罰ゲームを執行できるそうだ。

何度かしていれば人生の敗者たる僕でもたまには勝つこともある。
勝利の結果得たご褒美は「パンツの上からお豆さんコリコリ!(笑)」というもので、

満面の笑顔で初対面の男性にそんな事を言ういかにも若さと明るさだけが取り柄の、
知能指数が10から多く見積もっても20くらいしかないその女の子に
「君さぁ・・・」などと言う訳もなく、僕は彼女のパンツにゲス顔で手を伸ばす。

するとなんという事でしょう。そのアバズレが苦笑しながら
「そこじゃないよ。」
とホザいたのだ。

僕が悲しかったのは彼女の嘲笑ではなく、そこじゃない、という事実。
クリトリスの位置を忘れるほどに僕は落ちぶれてしまった。

ベイビーボーイ 私はここいにいるよ どこもいかず待ってるよ 心配しなくていいんだよ

古い歌が僕の脳内をカスり、
指先はチリチリして、
口の中はカラカラだ。目の奥が熱い。


僕は20代の性生活という甘露な果実をドブに捨ててしまい、
周囲に注意されながらもそうした俗っぽいものに興味を
示さない自分にただ酔っていた。


いつ離れるかわからない異性よりも、いつもどこでも思い通りになる自分を
愛しすぎた結果。クリトリスの位置もオッパイの感触もわからない、
その癖性欲だけは人一倍で、道を歩く女の子のケツから目を逸らす事もできない
バケモノをつくりあげてしまった。なんたる失策である事か。


30という境を越えた僕が今から努力してどうにかなるだろうか?
僕が20代に揉むはずだったオッパイと、時期こそ遅れたものの、
対峙する事ができるのだろうか?

無理に決まっているじゃないか!
神様お願いします。僕にオッパイを揉ませて下さい。
今年のおみくじは大吉でした。

学問とか相場とかマジでどうでもいいから、その運の限りをどうかオッパイに
振り替えては下さいませんか?
今日それができないなら、少なくとも僕の中で、神は死んだ事になる。

この文書を読んだ中に女性がいるなら、すっとんで大阪にきて僕にその
パイオツを差し出すべきだ。多少肉付きがあるなら男性でも宜しい。

このブログを読んでいる諸君が、
神殺しにならない事を祈りながら、筆を置く。
未分類

0 TrackBacks
0 Comments

生まれ変わったらプロ野球選手になりたい

職場で流れる有線からクリスマスソングがこれでもかと続々と流れてくる。

今年のクリスマスは勿論、二連休である大晦日と元日にも誰にも会わない事を心に決めた。

疲れた身体を休めたいとか、夢中になっている趣味に没頭したいという、キラキラした理由ではない。

単純に、誰とも会う予定が無いからだ。さりとて誰かに声をかけるという選択肢は僕には最初から無い。

「お、おぉーん、ええやん、ちょっと飲もうや」
(その日は予定があるけど、2,3時間くらいの暇つぶしくらいに昔話でもしてやるかね。 面倒くせぇー)

こうした流れになるのが怖くて仕方がないからだ。

SEXがしたい。辛抱たまらんくらいSEXがしたい。
AV女優でいうところのデビュー作みたいな、冒頭のインタビューからメイキングまで
キッチリと撮影してもらい、お相手は当然エロメンの一徹。
めちゃくちゃキモチワルイと思われる事を恐れずに言うならばキスシーンは長めで
フェラシーンは控えめ、乳首舐めは左右どちらも贔屓せず平等に。そういうやつだ。

だが、できる予定はないし能動的にチャンスを掴もうとする気概は僕にはない。

(え、なんか流れでSEXする感じになっちゃった。まぁいいわ。天井のシミの数でも数えてれば終わるでしょう。
早く家帰ってモンハンしてー。狩りがしてー。)


こう思われる事が怖くて仕方がないからだ。
同様の理由で風俗店にも行けない僕は見目麗しい新人AV女優を時間をかけて発掘、
wikipediaで好きな食べものや趣味、生年月日を大脳新皮質に叩き込んでから、
一人のストーリーテラーとして二人の物語を紡いでいく。

「時ちゃん、5年以上もSEXもしていないなんて、アナタのペニ男はちゃんと機能するのかなぁ?」

『い、いいだろ別に。関係ぇーねーだろ』

「私にしたい事、全部しちゃってもいいんだよ?」

『は、はぁーーー??別にお前に触りてぇなんて全然思ってねぇし!なんでちょっと上から目線なんだよ!
自意識過剰だっつーの!』

「したく、ないんだ?」

『ま、まぁどうしてもっていうんなら、してやらない事も、ないけど、な・・・』

「えぇー?したいの?したくないの?どっち」

『ううううるさいよ!オナニーするから出てってくれよ。』


「何それ!?何も言わずに、何もせずに気持ちよくなれると思ってんの!?AVの見すぎなんじゃないの?死ねば?」

バタンっ!

怒って部屋から出る彼女


『うるせぇ・・・うるせぇチキショウ・・・うるせぇ・・・』

シコシコシコッシコッ!

『あぁ、いい調子だ・・・俺の右手はまるでオーケストラ・・・重厚な低音とキレのある高温が重なりあうシンフォニー・・・』



「あーーーっ本当にオナニーしてる!最低っ!」



『最高だろうがっ!この空間は俺のサンクチュアリ!誰にも邪魔はできんよ!
今頭の中でお前にめちゃくちゃエロい事してるからな!ざまぁ!』


「だから、実際にしようよ・・・ね?」


『シコりながらになるがよく聞け!俺が何故SEXできないか教えてやる!
1ミリも自信がないのにプライドだけは人一倍高いからだ!
具体的に言うと俺に抱かれたくてしょうがない女以外とはSEXができないんだ!
途中で不安になるからだ!(同情されたのかな・・・?演技であえいでいるのかな・・・?今日の晩ごはんの事とか、考えてないかな・・・?)と思ってしまうんだ!
だから頼むから俺を一人にしてくれ!スーパーヒーローである時ちゃんがテロリストから幼馴染を救出して、
今めちゃくちゃセックスしてるんだ!自由だろ!思うのは自由だろ!


全部オレのもんだ。孤独も苦痛も不安も、後悔も! もったいなくてなぁ、てめぇなんかに やれるかよ!



はいさーい!』(射精)
未分類

0 TrackBacks
0 Comments

素晴らしい人生だから自分を愛する勇気を持とう

「おはようございます!」

職場に出勤するとき、僕は表情、声色、声量、何もかもを
毎日同じにするよう意識している。

昨日帰り道に小学校の前で野グソをするカスを見た。
自宅のベランダに猫が侵入してほっこりした。
久方ぶりに購入したAVがハズレだった。

そんな事は同僚には関係がないからだ。
今日も一日、ひとりの従業員としての自分の一日が
始まることが同時に確認できる。

しかし、出勤した後に起こる事に対して、
常にポーカーフェイスでいられる訳ではない。

月に一度くらいのペースで、ぼくの職場唯一の
女性従業員が声をかけてくる

「時貞ァ、今日6時から”講習”だからよぉ、
お前のアナルに入れる日はな、指がよぉ、”疼”くんだよぅ・・・」


些細なことだが、僕は風俗店員だ。


つまり彼女の言う「講習」というのは
新人風俗嬢がアナルの前立腺の刺激の仕方を目で見て勉強するイベントであり、
僕はその実験台としてのマネキンになるという話です。


心臓の鼓動は乱れ、冷や汗がにじみ出る。
「今日6時、これから、スグ、ですか・・・」

唯一人の女性従業員は元カリスマ風俗嬢、
風俗嬢達のアドバイザーなのです。
プレイにおける悩みや難しいお客様の対処など、様々な
質問に対して模範解答を用意している貴重な存在であり、
定期的に僕のアナルに指を突っ込む人でもあります。

突発的に講習が行われるのは、スグにでも働きたい!という
新人女性に対して「スグに働けますよ!」という店の
アピールの結果、僕が出勤するまでに話が進み、
「できるかできないか、とりあえずやってみましょう!」と
なるからなのです。


タイムカードを押した後、ぼくはエレベーターに乗り込み、
新人風俗嬢さんと、アドバイザーさん(Aさんとしましょう)と
一緒に別の階にあるプレイルームへと向かいます。

「このエレベーターの中での接客が大事なの、
よりエロく、より親しみやすく、身体を密着させて、顔を近づけて、
自分から男性にイタズラしちゃうの。」

Aさんはお手本として僕に身体を密着させて、顔を近づけて、
「どこが感じる人なのぉ?」と新人さんにお手本を見せます。

僕は淡々と「乳首です。」と答えます。
このやり取りは今日に至るまで何度となく行われており、
まるでロボットのように答えるだけです。
ここから僕の視界は突然灰色に包まれるのです。
それは辛いからではなく、悲しいからではなく、
とてつもなく寂しい気持ちになるからです。

彼女は僕のことを好きではないのに。
僕も彼女のことを好きではないのに。
見ている新人も僕に興味を抱いてはいないのに。


プレイルームに入るとまずは手コキの仕方から教えます。
まずAさんが様々な手コキを見せます。
続いて新人さんが真似をして僕に手コキをするのです。

僕は勃起をします。
心が動かなくとも身体は動きます。
それはとても恥ずべき事なのです。


続いてAさんがローションをたっぷりと手にとり、
僕のアナルに塗りたくります。
僕のアナルはヌルヌルになります。
少し、気持ちが、いいです。

Aさんは指サックをつけて、ぼくのチンポを
しごきながらゆっくりアナルの中に
指を入れます。

僕は天井のシミの数を数えています。
神様は僕の事がいつからか嫌いになったのでしょうか。
誰がこんな事を考えたのでしょうか。
僕が心からおしりに指を入れてほしい、
初めてのおしりを捧げたい女性に出会った時の事を、
誰かひとりでも考えた事があるのでしょうか。


僕のアナルはAさんの指をどんどん受け入れます。
ここでAさんの言葉責めがエスカレートします。
「時ちゃんったら、私のお指どんどん咥えていっちゃう。
そんなに嬉しいの?」

胸糞が悪い、という言葉がありますが、
まさにそんな気持ちになります。顔が近いです。
時折必要もないのに乳首を舐められるのです。


僕もまさしく男なので、やはり感じてしまいます。
声にならない声が出てしまうのです。
「時ちゃん、気持ちよさそうだね。もっと動かしちゃおう。」

前立腺というのはそんなにみだりに刺激しなくとも、
陰茎をシコシコしていれば自然に下がるものなのです。
結果的にアナルに入れたままにしている指と
脈打つ前立腺がぶつかります。
つまり入れた指は動かす必要などないのです。
だから彼女のしている事は、ただの性的虐待にすぎないのです。

「あ、あ、あ、」

そんな声が出てしまいます。
ちっとも好きではないのに。
ちっとも嬉しくはないのに。
どうしてだか僕の脚は開いてしまうのです。


アナルいじりが簡単、と自信を抱いた新人女性が
僕のアナルをいじります。

言い忘れましたが、Aさんも、大抵は新人風俗嬢も
40歳を軽く超えているのです。
だから僕は目を閉じます。

これは嘘の事だ。家に帰れば
素敵な彼女がローストビーフのヨークシャープディング添えを
用意してくれているはずなんだ。そうに違いない。

どれだけ思弁的になっても身体は感じて動くものです。

「あああああキモチイイキモチイイヤメテヤメテあああああ」


おわかりいただけただろうか?


何が?何もかもだ。
途中まで笑ってもらおうと思って書いていたのに、
書き終わるとドンヨリとした気分になっている自分がいる。

ちなみにこのお仕事、アナルに指を突っ込まれると
特別手当として1500円もらえるよ!やったね!
未分類

0 TrackBacks
4 Comments

俺が川上弘美っぽい感じで日記を書いたよ

仕事を終えて、いつもの店で迷惑そうな店主の顔を無視して飲酒。

家へ帰ると午前5時半。


そういえば桜の時期だと思い、名所を検索するも、
人を見てるのか桜を見てるのか、それとも人の捨てたゴミを見てるのか
わからないようなところには行きたくないと思い、
湯切りした焼きそばUFOを持って近所の公園へ。


5、6本の桜の木があり、そのひとつの下を陣取り、
缶ビールを飲む。
桜はそこまで綺麗じゃないけど、人の歩みが少なく、
あってもゆったりしている。


しばらく飲んでいると犬を連れた爺、
同じく犬を連れた婆がほぼ同時にやってきて、
「この木が一番綺麗だね。」などとイチャイチャしだす。

年を取っても寂しさの螺旋からは逃れられないのだろうなと
思いながらも、微笑ましく見守る。

爺と婆が帰ると、腹の大きな野良猫が目の前を通る。
そういえば野良犬は見なくなった。


地元でゲッターと呼ばれていたあの誰にでも噛み付く犬は
もう死んじゃったんだろう、と少しセンチメンタルな気分になる


猫は威風堂々と公園を横切り、ゆっくりと公園を去る。


桜の木を見上げていると少し昔の事を思い出す。


一緒に見上げていた人達は子供を産んだり産ませたり
転勤したりした出世したり転職したりした。



どこかで何かが違っていたら自分ももっと変化のある日常に
埋もれて四苦八苦しながら懸命に毎日を乗り切っていたのかも、と
思うと少し怖いような羨ましいような気がする。


二本目のビールは空にならなかった。
ためらわずに捨てる。

2、3年前なら絶対にしなかったけど、今はそうする。


少し疲れたから眠って食べて、本屋さんに
行って、また眠る。


一人だからできる。けれども、
傍で黙って桜を見てくれる人が居てくれたら、とも思う。




俺の休日
未分類

0 TrackBacks
0 Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。